会員について

会員について

当法人は、正会員と賛助会員によって成り立っています。

正会員及び年間購読申し込み

  • 正会員」は、一般社団法人における「社員」になりますが、株式会社でいう社員(従業員)とは異なり、「法人の活動の趣旨に賛同して、議決権を行使することで法人の運営に参画する人」のことを意味します。現在の社員の多くは、代表理事の浜六郎医師が当センターの前身NPOJIPを設立する以前から、大阪を拠点に共に医薬の勉強をしてきたメンバーです。
  • 一般社団法人医薬ビジランスセンターでは、社員に条件を付すこととし、その旨を定款にも記しました。本誌が加盟するISDB(国際独立医薬品情報誌協会)の定時総会(2019年、パリ)で情報誌の編集関係者や執筆者に利益相反の開示を求めることが決まり、これを法人の運営に参画する社員にも適用することにしました。
  • 具体的な活動は、年1回の社員総会や必要に応じて開く臨時総会への出席、センター主催のイベントでスタッフとして手伝うなどです。 また、当センターが編集発行する医薬品情報誌「薬のチェック」を購読し、勉強会や編集会議へ積極的に参加し、意見を述べていただきます。
正会員及び年間購読申し込み
お申し込みありがとうございます。
追って、「正会員申し込みと利益相反の開示」に関する文書を別途郵送いたしますので、
ご記入のうえ、当センターへ提出してください。

賛助会員申し込み

  • 賛助会員には、正会員のような資格・条件はありません。文字通り、一般社団法人医薬ビジランスセンターの活動に「賛同」し「援助」してくださる会員です。賛助会員になったから何らかの特典がある、というものではありません。センター主催のイベントへの積極的な参加や、主催事業への寄付金を呼びかけるなどをさせていただきますが、強制では決してありません。
  • 賛助会員には、医薬品情報誌「薬のチェック」の年間購読の義務はありません。もちろん、購読してくださって、記事内容や取り上げるテーマに関して、ご意見や要望を伝えていただけるとありがたいですが、情報誌の購読は任意です。

賛助会員申し込み